喫煙と病気のリスク

当サイトは、これから禁煙しようと思っている方、もしくは過去に禁煙に挑戦したけれど失敗してしまったという方に向け、禁煙を成功させるための方法を紹介する目的で作成しております。

正しい方法を実践することで禁煙は可能です。

当サイトを通し、禁煙願望がある皆様のお役に立てますと幸いです。

まずは最初に知っておきたい、喫煙と病気のリスクから解説してまいります。

喫煙とガンの関係性

ガンのリスクを高める確実な要因と考えられているのが、タバコです。
命を危険にさらす可能性があるタバコは、禁煙が予防につながります。

タバコが原因となっているガンというと、「肺ガン」をイメージする人は多いはず。
それも1つですが、他にも次のような場所にもガンが発生しやすくなります。

  • 食道
  • 咽頭(ノド)
  • 喉頭

こういった部分にも深い関わりがあります。

また、肝臓や膵臓(すいぞう)、膀胱など、口から離れた、一見すると関係のないようにも思える臓器のガン発症リスクを高めることも分かっているので、その影響は深刻なものとなります。

喫煙により高まるガンのリスク

さらにタバコは、受動喫煙の問題があります。
ここでは、タバコの影響によるガンのリスクについて考えていきます。

国立がんセンターや国内外を問わず、さまざまな研究機関がタバコとガンの関わりについてのデータを発表しています。
中でもタバコが原因となってリスクが大幅に上がるガンには、次のようになっています。

■非喫煙者と比べた時のリスク

胃ガン…1.5倍
膵臓ガン…1.6倍
膀胱ガン…1.6倍
食道ガン…2倍
肺ガン…4.5倍
咽頭・喉頭ガン…約30倍

圧倒的に高いのが、咽頭・喉頭ガンになり、このガンの90%以上は喫煙者と言われています。
ガン発症のリスクは、非喫煙者に比べると非常に高いことが分かっていただけたと思います。

またざっくりですが、計算するとすべてのガンの原因の30%はタバコとなっています。
タバコをやめるだけで防げるガンもいくつかあるので、この機会を禁煙のきっかけとしていただければと思います。

咽頭・喉頭ガンについて

喫煙が誘引するリスクの中で特に際立って高い「咽頭・喉頭ガン」を、もう少し詳しくみていきます。

咽頭は鼻の奥から食道の入り口まで約13cmという長い管となり、喉頭は咽頭の前側にで居ている「のどぼとけ」の周辺を指しています。

どちらも口や鼻から入ってきた煙の通り道になり、真っ先に触れる器官となっています。
それだけに他の部位に比べても圧倒的に発ガン性物質の影響を受けやすい器官であるといえます。

咽頭ガンは、その位置によって3つに分けられています。

  • 上咽頭ガン
  • 中咽頭ガン
  • 下咽頭ガン

とくにタバコがリスク要因となっているのが、中咽頭ガンと下咽頭ガンになります。
上咽頭ガンについては、ウィルスの感染が中心となっています。

年間の罹患者数は、どちらも同じくらいになり約3400人とされています。
喫煙と関係があるので、これらのガンは男性の人が多いのが特徴となっています。

ガンで命を落とさないためにも、禁煙を検討する必要があります。

禁煙できない理由

タバコを吸っていて美味しく感じてしまう理由として、体内と脳内に下記の現象が起こることが原因であることがわかっています。

タバコを吸うことで、体内にニコチンが入り込み、脳内にあるニコチン受容体に結びつくことで快感を認識させるドパミンが分泌されます。
そのためタバコを美味しいと感じ、なかなか禁煙することができなくなってしまいます。

また、喫煙の習慣が長くなればなるほど身体はニコチンに依存するようになり、タバコを止め難くさせます。
ニコチンはどんな薬物よりも依存性が高いです。

こういったことから自力で禁煙をすることは難しく、数日禁煙できたものの喫煙欲が湧いたり、ふとした時に再び喫煙を始めるようになってしまいます。

無理に禁煙を続けることはストレスにもなり、溜まったストレスを少しでも解消するためにタバコに手が伸びてしまいます。

しかし冒頭に記載したとおり、喫煙を続けることは身体に対して悪影響を与え続け、ガンになる確率も通常に比べ高くなってしまいます。
また受動喫煙といって周囲の人も喫煙者の煙を吸うことでガンなどの病気になるリスクを高めてしまいます。
禁煙を始めることは大変なことですが、周囲への影響も考えると喫煙を続けることに全くメリットは無いと断言できます。

禁煙を成功へと導くチャンピックス

今までにもさまざまな禁煙関連の商品が開発され、その度に禁煙を試みてきたという方も多いことと思います。
でも、結局たばこを吸いたいという欲を抑えることができずに「禁煙をすることをやめてしまった」といったことはよく耳にしますね。

チャンピックスとは、今現在禁煙をお考えの方にはまさに最強の味方といえる商品です。
実際に、この商品を使用して禁煙に成功したという方が私の周りにもたくさんいます。

チャンピックスの誕生と概要

無理なく禁煙を始めるために登場したのが禁煙補助薬であるチャンピックスです。

チャンピックスとは、無理なく禁煙をはじめられ、禁煙を始めた時に起こる辛く苦しい離脱症状を緩和してくれ、喫煙欲を抑えてくれる効果がある薬です。

ニコチン受容体に薬の成分が結びつくことによって、ニコチンに比べ少ない量のドパミンを分泌させることができ、イライラなどの症状を緩和し、タバコを吸った時に得られる満足感を減少させてくれます。

チャンピックスと他の禁煙商品との違い

従来の禁煙を補助する医薬品として開発されてきた商品は、それぞれニコチンの禁断症状を和らげるため、少しのニコチンを口や皮膚から吸収することにより、たばこを吸い、気道からニコチンを摂取するという行為と置き換えていき、たばこ自体もやめていくという、ニコチン置換療法を主な手法としていました。
しかし、結果としてこの方法ではニコチンを摂取する方法を変えているだけであり、ニコチン自体を摂取することをやめていないこともあり、禁煙の成功率もわずか10%ほどという極めて低い結果でした。

しかし、飲む禁煙薬のチャンピックスは上記の方法とは異なる作用で禁煙成功へと導きます。

飲む禁煙薬と聞くと、上記の流れからすれば、「ニコチンの成分を含んだものを飲むの?もっと体に悪そう…」と思う方がいらっしゃって当然ですが、チャンピックスの原理はそれとは異なります。

チャンピックスは、ニコチンではない成分で代用し、たばこを吸いたいという欲自体を抑えることが可能となるのです。

当サイトでは禁煙成功率がダントツに高いチャンピックスをおすすめしますが、薬に対して抵抗があるという方は以下の禁煙補助商品もご覧ください。

チャンピックスの購入方法

最強の禁煙補助薬チャンピックスは、禁煙外来で処方してもらうことも可能です。
しかし、保険が適用されるとはいえ、なかなかな費用を要してしまうので、個人輸入代行サイトを利用して購入することを推奨します。

当サイトで紹介している個人輸入代行サイトは実績があり、尚且つ海外医薬品の扱い数も多い信頼できるサイトとなりますので、購入をお考えの方は是非ご検討ください。

それでは、病院処方との比較も含め、実際の購入について詳しく見ていきましょう。

病院処方と海外通販の違い

禁煙補助薬としては確固たる地位を築き上げたチャンピックス。
国内では禁煙外来でのみ処方してもらうことのできる医薬品です。

3ヶ月の治療期間を終えて禁煙に成功した人は70%ちかくにもなり、他にはない高い禁煙治療効果があることから人気の禁煙補助薬となっています。
人気が出過ぎて一時は生産が追いつかないこともあり、販売を中止する事態に陥ったこともあるほどです。
そんな画期的な治療薬であるチャンピックスをお得に入手するにはどうすればよいでしょうか?

それが先述した、個人輸入代行(海外通販サイト)を利用して海外医薬品のチャンピックスを購入する方法になります。
病院処方にせよ通販にせよ、どちらも成分は同じバレニクリン酒石酸塩になり、どちらを服用しても期待できる効果に変化はありません。

治療費などのトータルコスト比較

チャンピックスは基本的に3ヶ月間、毎日服用するのでそれなりに費用がかかります。
どちらの方法で禁煙治療を開始するのがベストなのか、ここで比較していきたいと思います。

病院での治療と処方

病院で治療する場合に1番のメリットとなるのが、健康保険です。
ただしチャンピックスは、条件によっては健康保険の適用を受けることができないのが難点です。

つまり、薬代に加えて診察料なども自費負担となる可能性があるいうことです。

■薬代の計算

保険適用の場合…約13,000円
自費負担の場合…約43,000円
■総額の計算

保険適用の場合…約19,000円
自費負担の場合…約63,000円

これらを見ても、保険が適用されるか否かでかなり金額が変わってくることが分かります。
ちなみに総額の計算は診察料など他にもかかる費用を加えた価格になります。

このことから条件を満たして保険が効くのであれば、病院治療でも許容範囲ということになります。

個人輸入代行での購入

個人輸入代行サイトで購入した場合には、金額が発生するのは薬代と送料のみになります。

送料は一定金額を加えると無料になることから、ほとんど負担がないものと考えて問題はなさそうです。

個人輸入代行でチャンピックスを購入した場合には、約32,000円ほどになります。

保険適用時と比べると高くついてしまいますが、保険が利かなかった場合と比較するとかなりお得に購入することが可能ということになります。

通院の手間などもないので、そういったことまで考えると海外医薬品の購入は大変便利です。

まとめると、保険適用>個人輸入代行>自費診療が安い順になります。
※3ヶ月のチャンピックス禁煙フルセットでの試算

保険が利かないケースも多いので、そのような場合は個人輸入代行での購入を検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトがイチオシする、安心・安全・お得な個人輸入代行サイトは下記のバナーよりどうぞ

海外医薬品の通販サイト|ライフパートナー

メインメニュー

おすすめ記事

喫煙はガンのリスクを高める確実な要因です。禁煙治療薬で健康を取り戻しましょう!
止めたいのに禁煙できない!それは脳内のドパミンが影響しているからです。
禁煙治療薬チャンピックスはこれまでのニコチンパッチとは全く異なります。
禁煙治療薬チャンピックスの購入は病院よりも海外通販がお得なの?
チャンピックスの禁煙成功率は65%以上!その効果の仕組みを公開。
チャンピックスを正しく服用することで禁煙の成功率は格段に高まります。
禁煙治療薬のニコチンガムとニコチネルパッチなどのニコチン代替え療法とは!?
大ブームとなった電子タバコは近年の救い手となれるのか。そもそも電子タバコとは?
禁煙治療薬使わない自力での禁煙。その成功の秘訣をお教えします。
喫煙者が急にタバコを止めると様々な離脱症状に襲われ、禁煙を苦しみに変えています。
ニコチンの依存度はコカインやヘロインなどの麻薬よりも高いのです。依存症の秘密に迫ります。
タバコを吸う人と吸わない人では、健康の面でどのように違うのか!?
禁煙によってもたらされる恩恵はとても素晴らしい物です。あなたもぜひ手にしましょう!
通販でチャンピックスなどの禁煙治療薬を購入することには様々なメリットがあります。