自力での禁煙について

日本は禁煙ブーム真っ只中。
さまざまな禁煙グッズが登場していて、少しでも禁煙を楽にしようとする製品がたくさんあります。
ドラッグストアなどでは禁煙補助の薬なども販売されていて、気軽に禁煙をはじめることが出来ます。
また病院には禁煙外来を設置しているとことも多く、禁煙に関しての取り組みが進んでいます。

他にも路上喫煙を禁止したり、タバコ税の増税など、1人でも多くの人にタバコを止めてもらおうと国と国民が一丸となっています。

果たして、いま登場している禁煙グッズなどを使わずに禁煙することは可能なのでしょうか。
できる事ならお金をかけずに禁煙に成功したいですよね。
現実的にみてそれが可能か、今回は「自力で禁煙」をテーマに考えていきます。

禁煙の弊害

タバコをやめる時に、ほぼ確実に弊害となることが3つほどあります。

  • 習慣依存
  • ニコチン依存
  • 心理的依存

これらすべての依存を、自らの意志だけでクリアしていかなければなりません。

習慣依存の弊害

一度癖になった習慣をやめることは、ホントに大変です。
食後、寝起き、休憩などいろいろなシーンでタバコを吸う習慣がついているはずです。
これは脳が「いつもこのタイミングでタバコを吸っている」と自然と認識しているので、我慢することがとても難しくなってしまいます。

ニコチン依存の弊害

ニコチン依存は言うまでもなく、禁煙を難しくする代表格。
ニコチンによって脳から快楽物質である「ドパミン」が放出されているのでタバコを吸わないといくら思っても、神経物質によってその欲望は左右されてしまいます。

心理的依存の弊害

無理に我慢すれば心理的な負担となり、更に集中できないやイライラするなど離脱症状を起し、それを抑えるために再び喫煙を繰り返してしまいます。
そしてストレスの緩和や離脱症状を抑えるために喫煙することで、それが良い経験や記憶として残ってしまい心理的にも依存に。
日常的なストレスに直面した時、他の人がタバコが喫煙する姿を見るなどすると、その時の記憶が蘇り「吸いたい」という欲求が強まってしまいます。

困難を極める自力での禁煙

上記の辛い症状を普段生活しながら抑えることはできるでしょうか。
よほどの強い意志の持ち主でなければ、禁煙達成は難しいはずです。

自力で禁煙を不可能とは言いませんが、それがきっかえで精神的、肉体的に辛いと感じるのであれば、禁煙グッズや治療薬を使って禁煙するのがもっとも楽な方法となるかも知れません。

メインメニュー

おすすめ記事

喫煙はガンのリスクを高める確実な要因です。禁煙治療薬で健康を取り戻しましょう!
止めたいのに禁煙できない!それは脳内のドパミンが影響しているからです。
禁煙治療薬チャンピックスはこれまでのニコチンパッチとは全く異なります。
禁煙治療薬チャンピックスの購入は病院よりも海外通販がお得なの?
チャンピックスの禁煙成功率は65%以上!その効果の仕組みを公開。
チャンピックスを正しく服用することで禁煙の成功率は格段に高まります。
禁煙治療薬のニコチンガムとニコチネルパッチなどのニコチン代替え療法とは!?
大ブームとなった電子タバコは近年の救い手となれるのか。そもそも電子タバコとは?
禁煙治療薬使わない自力での禁煙。その成功の秘訣をお教えします。
喫煙者が急にタバコを止めると様々な離脱症状に襲われ、禁煙を苦しみに変えています。
ニコチンの依存度はコカインやヘロインなどの麻薬よりも高いのです。依存症の秘密に迫ります。
タバコを吸う人と吸わない人では、健康の面でどのように違うのか!?
禁煙によってもたらされる恩恵はとても素晴らしい物です。あなたもぜひ手にしましょう!
通販でチャンピックスなどの禁煙治療薬を購入することには様々なメリットがあります。